2014年02月28日

ナイジェリアのテロ組織「ボコ・ハラム(Boko Haram)」とは何か

2月26日の毎日新聞のサイトに「ナイジェリア:武装集団が学校襲撃 生徒59人死亡」という記事が掲載されていました。

記事によると、
 西アフリカ・ナイジェリアからの報道によると、同国北東部ヨベ州ブニヤディで25日未明、寄宿制学校に武装集団が侵入、男子生徒らを無差別に銃撃し、建物に放火した。ロイター通信によるとこの襲撃で生徒59人が死亡した。周辺地域でテロ攻撃を活発化させているイスラム過激派ボコ・ハラムの犯行とみられる
とのこと。

この「ボコ・ハラム」という集団。
最近、ナイジェリアでたびたび襲撃を繰り返しているイスラム過激派らしいのですが、一体どういう組織なのでしょうか。
続きを読む
| 東京 ☀ | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

論点をすり替える朝日新聞社説「表現の自由 『あいつが悪い』のか?」

2月28日の朝日新聞社説「表現の自由 『あいつが悪い』のか?」について。

冒頭は、
 社会がしぼんでいる。
 憲法が悪い。ネトウヨが悪い。中韓が悪い。そうやって次々と「あいつが悪い(自分は悪くない)」で物事を単純化して批判すると、スッキリする。しかしみんながスッキリしていても、誰もが生きやすい、豊かな社会は成り立たない。批判を恐れ、人々は萎縮するばかりだ
と最近の排外主義的傾向に対する批判から始まっています。

が、その後、「表現の自由」をめぐる現状を例に社会の萎縮について考えるとして、このブログでも取り上げた東京都美術館の作品撤去問題に話が移っていきます。
続きを読む
| 東京 🌁 | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

佐村河内守氏には新垣氏以外のゴーストライターもいたことが発覚

2月26日の読売新聞のサイトに「佐村河内氏代作問題、市民の歌披露を断念」という記事が掲載されていました。

記事によると、
 福島県本宮市は25日、新しく作る市民の歌「みずいろのまち」について、3月に予定している東日本大震災3年記念のイベントで披露する計画を断念したと発表した。
 この歌の作曲を担当した佐村河内守さん(50)の代作問題が明らかになり、別の作曲家に作曲し直してもらって、イベントに間に合わせられないか模索していたが、「長く歌い継ぐ歌で、十分検討したい」と判断し、4月以降に発表の機会を設ける方針に転じた
とのこと。

「ああ、これもゴースト新垣氏の作品なのか」と思って記事を読み進めていくと、意外な話になっています。
続きを読む
| 東京 ☀ | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。