2014年04月04日

歪んだ反日教育を批判せずして日本政府にイメージ改善を求めるのはおかしい

4月3日、毎日新聞サイトに「建国門外北東門:(6)日本人、殴らないで!」という記事が掲載されていました。

記事によると、
 北京市中心部の繁華街にあるDVD販売店。週末、妻と子供と3人で立ち寄った際、店員の子供とみられる小学1年生の女の子が、生後8カ月の長女に興味を示して話しかけてきた。「中国語が変ね。どこの国の人?」。「日本人だよ」と妻が答えると、女の子は「日本人なの!? 殴らないで!」とおびえた表情で後ずさった。
 思わぬ反応に、妻ともどもあぜんとした。「日本人はどうして殴ると思うの?」と問いかけたが、女の子は「日本人なのになぜ殴らないの?」と不思議そうに尋ね返してくるばかりだった
とのこと。

この女の子の反応に対して、記者は戦跡見学などの反日教育や反日報道、旧日本軍を敵役にした「抗日ドラマ」の影響によるものだろうと推測し、「だとすれば、『日本人=殴る人』というイメージを持っている子供は、きっと1人ではないはずだ」と指摘しています。

そして、どうみても歪んだ反日教育を施している中国政府を一切批判することなく、
 日本に行ったことがある、または日本人と関係がある中国人は、総じて日本に好意的な印象を持っている人が多い。だが、普段、日本と接点のない中国人が持つ日本のイメージをどう改善していくのか。日本政府も本腰を入れて考える時期に来ているのではないだろうか
と、なぜか日本政府にイメージ改善に本腰を入れるよう要求しているのです。

読んでお分かりのとおりおそらく結論ありきで書いた記事だと思われ、突っ込みどころが満載です。

まず、記事には「外国人が行かないような田舎ならともかく、北京市内でも外国人の多い地区だ。中国在住の期間が10年を超え、ほとんどのことに動じなくなっている妻も『こんなこと言われたの初めて』とショックを受けていた」とある一方で、「『日本人=殴る人』というイメージを持っている子供は、きっと1人ではないはずだ」と矛盾した記述になっています。

もっと言えば、小学1年生ぐらいの子どもは基本的に物事について断片的な理解しかできないため、単純化したイメージを持ちやすいのが常です。
もし 中学生や高校生になっても「日本人=殴る人」という短絡的なイメージのままでいるとすれば問題ですが、 幼い子どもの未熟な理解に過剰反応してそれを普遍化するのは避けるべきです。

曲がりなりにも新聞記者であれば尚更、中国の子どもたちにアンケートを取るなどの調査をした上で記事にすべきでしょう。

そして最もおかしいのが上述したように、歪んだ反日教育を強制している中国政府を一切批判することなく、日本政府にイメージ改善の努力を求めているところです。

中国共産党が求心力保持のために反日教育を利用していることが明らかな以上、それを所与として日本政府にのみ行動を求めるのは筋違いであり、まずは中国政府に対して反日教育の誤りを正すよう抗議すべきでしょう。

そもそも本当にイメージ改善が必要ならば、反日教育で洗脳された人々に当事者である日本政府が動いても説得力を持ちにくいので、むしろ民間レベルにおいて生身の人間同士の交流によるイメージ改善を進めるべきだと思います。


| 東京 ☁ | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。