2014年05月12日

朝日新聞のあきれたマッチポンプ社説

5月12日の朝日新聞の社説は、「増税と物価 「騒動」から卒業しよう」というものでした。
 
社説では、消費増税をめぐる駆け込み消費や買い控えなど、増税前後の消費者の騒動を取り上げ、
 日本の消費税にあたる付加価値税の歴史が長い欧州では、税率の変更も頻繁だが、増税前の駆け込み消費はあまり見られないという。業者も、商品の競争力や人件費などのコストを考えて値決めする。税率変更に合わせて一斉に値札を張り替える光景は日本独特のようだ。
 値上げ幅が増税幅を上回ると「便乗値上げだ」と騒ぎ、下回れば得をした気分になる。それを大げさに伝える私たちメディアの責任も小さくないが、「必要な時に、必要なものを、価格と品質を吟味して買う」のが消費者本来の姿だろう。
と指摘しています。
続きを読む
| 東京 ☀ | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

毎日新聞夕刊に掲載された記事がトンデモな件

4月2日の毎日新聞夕刊に「番組改編『政治家との力関係が変化している』 テレビから消えた、辛口コメンテーター」と題する記事が掲載されていました。

記事は、
 「困ったものですね」。たった一言で深刻なニュースがあっさり片付けられていく−−そんなシーンが増えてはいないか。春の番組改編で、民放各社の報道・討論番組のコメンテーターの顔ぶれが変わった。気付けばテレビが辛口から薄口に……果たしてそれでいいのか。
という問題提起から始まっています。
続きを読む
| 東京 ☔ | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

本音と建物を使いわけられない人間に公職は任せられない

3月18日の朝日新聞のサイトに「(新ポリティカにっぽん)建前と本音、使いわける不実」というコラムが掲載されていました。

著者は早野透・桜美林大学教授(元朝日新聞コラムニスト)です。

コラムでは、籾井勝人NHK会長が就任記者会見での従軍慰安婦問題等についての発言を「個人的見解」として取り消すとしたことについて、
続きを読む
| 東京 ☔ | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。