2014年04月08日

小保方氏不在のSTAP細胞の存在検証は無意味

4月8日、Yahoo!ニュースに「STAP細胞 検証実験 『細胞の存在』否定は困難」という記事(産経新聞からの転載)が掲載されていました。

記事によると、
 「本当に存在するかは、やってみないと分からない」。STAP細胞の存在を調べる実験の見通しについて、こう説明した理研の検証チーム。論文不正の判明で細胞の存在は大きく揺らいでおり、実験で再現できるかは不透明だ。……論文と同様のリンパ球による実験を9月末に終わらせ、さらに厳密な解析が可能な肝細胞による実験に移行。来年3月末に最終報告をまとめる。約1年に及ぶ実験の総経費は1300万円で、成功した場合は研究者を対象に講習会を開くなどしてノウハウを公表し、第三者機関の再現を待つ。ただ細胞が存在しない場合、どの段階で「ない」と見極めるかは困難だ。相沢氏は「なぜできないかを期限内で説明するのは極めて難しいだろう」と話した。
とのこと。
しかも肝心の小保方氏は「『実験できる精神状況にない』(相沢氏)として、検証チームには参加しない」のだそうです。
続きを読む
| 東京 ☀ | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

小保方氏が“女子”だから理研が過剰に責任を問われているのではないか

4月1日、STAP細胞の作製に関する論文について、理研の調査委員会による調査の最終報告書が公表されました。

報告書によると、調査委員会は疑義が呈されている6項目に関して調査を行い、そのうち画像の切り貼りと、画像の取り違えの2項目について「研究不正」と判断したとのことです。

早速、翌2日には大手新聞6社すべてが社説でこの調査結果を取り上げています。
続きを読む
| 東京 ☀ | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

STAP細胞問題を機に持ち上がった“研究者教育強化論”の愚

3月16日、朝日新聞のサイトに「『小保方氏個人の問題だけではない』 教育の重要性指摘」という記事が掲載されていました。

記事では、「STAP(スタップ)細胞論文の問題で、科学界の重鎮から若手研究者教育の重要性を唱える声が出ている」として、黒川清・政策研究大学院大学教授の「日本の研究者は、次の世代の研究者をトレーニングすることの重要性をどこまで自覚しているのか心配になる。欧米では、どんな大学院生を育てあげたかで、教員の評価が決まる。小保方さんをスケープゴートに仕立てて終わってはいけない」という指摘や、北沢宏一・東京都市大学長の「一般的に学生は、教授がこうだと言うと、それに沿ったデータを出したがる。いいデータを早く出したいと思う気持ちがある。今回はその典型ではないか」との意見を載せています。
続きを読む
| 東京 ☀ | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。